reyfox blog

reyfox tech info

CentOS DHCP Linux ネットワーク

CentOS7でローカルIPアドレスを固定する

投稿日:

CentOS7をサーバとして使用していると、ローカルのIPアドレスを固定したいことがあります。
セットアップ時にもIPは設定できますが、セットアップ時はDHCPでの払い出しIPでおこない、その後に変更したくなった場合の手順を書いておきます。

設定を変更するのは、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eno1 となります。
eno1 の部分はインターフェースによって異なる場合がありますので読み分けてください。


TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
BOOTPROTO=static
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=eno1
UUID=uuid-uuid-uuid-uuid
DEVICE=eno1
ONBOOT=yes
IPV6_PRIVACY=no
DNS1=192.168.xxx.1
DNS2=8.8.8.8
DOMAIN=reyfox.lo
IPADDR=192.168.xxx.2
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.xxx.1

上記例では、IPを 192.168.xxx.2 に固定、DNSはプライマリは 192.168.xxx.1に指定、セカンダリはGooglePublicDNSである 8.8.8.8 に指定。
デフォルトゲートウェイを 192.168.xxx.1 に固定しています。
ネットワーク環境によって設定を調整してください。

変更の適用

リブートしても適用されますが、そのまま適用する場合、下記のコマンドで適用されます。


systemctl restart network

-CentOS, DHCP, Linux, ネットワーク

執筆者:

関連記事

CentOS7にPHP 7.2をインストール

WebプログラミングでおなじみPHPをインストール設定します。PHPは現在では最新が7.2となっていて、CentOS7標準のリポジトリで提供されている5.4は古いのでインストールしません。 インストー …

Apache httpdにワイルドカードの自己証明SSLを設定

現在では常時SSL化が流行ってきていてローカルの開発時でもSSL化しておくとWebアプリケーションを作ったときに検証などしやすくなります。 毎回サブドメインごとに自己証明のSSLを発行するのが面倒なの …

PHPMyAdminの設置

PHPをインストールしましたが、DBを操作するのに便利なのがPHPMyAdminです。もちろんコマンドラインからも行えますがユーザの追加やユーザ専用のDBを作るとき何度もパスワードを入力したりするのが …

CentOS7にDHCPサーバをインストールしルータのDHCPサーバを停止

現在販売されている市販のルータにはDHCPサーバという家庭内LANのIPを自動で払い出してくれる機能がだいたい標準で装備されています。ただ、製品によってはDHCPで払い出しているマシンに固定IPを割り …

grafana+prometheusでサーバ監視をしグラフィカルなダッシュボードを作る

少し前までは、fluentd+elasticsearch+kibanaというダッシュボードが流行っていた気がしますが、elasticsearchはJavaで動いているため非常に多くのメモリを消費すると …