reyfox blog

reyfox tech info

CentOS Linux mariaDB MySQL

CentOS7にMySQLサーバ(mariaDB)をインストールする

投稿日:

CentOS7からMySQLにかわりmariaDBが採用されていますが、使い方はほぼ MySQLと同じでいけます。

インストール

いつもの通り、yumで。


yum install mariadb-server

起動と、自動起動の設定


systemctl start mariadb
systemctl enable mariadb

初回のみ root パスワードの変更と設定


mysql_secure_installation

DBのrootのパスワードを設定し、あとはY(またはブランクのままEnter)で答えていけば簡単に終わります。
root のパスワードは重要なので覚えておきましょう。(Linuxのログインパスワードとは異なります)

-CentOS, Linux, mariaDB, MySQL

執筆者:

関連記事

CentOS7で内向き専用DNSサーバを立てる

内向きDNSとは、LAN内でだけドメイン名を解決できるDNSサーバを言います。今回は、LAN内だけでドメイン名を解決するDNSサーバを立て、デフォルトのDNSとして動作するように設定します。なお、内向 …

PHPMyAdminの設置

PHPをインストールしましたが、DBを操作するのに便利なのがPHPMyAdminです。もちろんコマンドラインからも行えますがユーザの追加やユーザ専用のDBを作るとき何度もパスワードを入力したりするのが …

CentOS7の初期設定

CentOS7 を Intel NUC にインストールしましたが今の所家庭内ネットワークからのみの想定で、外部からのアクセスはすべてルータでフィルタリングしているため、利便性のため下記の設定を行います …

grafanaにCPU使用率及びメモリ使用率グラフを追加

grafana+prometheusでサーバ監視をしグラフィカルなダッシュボードを作る 上記記事でgrafana+prometheusでダッシュボードを作成しました。今回はここにCPU使用率とメモリ使 …

CentOS7にDHCPサーバをインストールしルータのDHCPサーバを停止

現在販売されている市販のルータにはDHCPサーバという家庭内LANのIPを自動で払い出してくれる機能がだいたい標準で装備されています。ただ、製品によってはDHCPで払い出しているマシンに固定IPを割り …