reyfox blog

reyfox tech info

CentOS Linux mariaDB MySQL

CentOS7にMySQLサーバ(mariaDB)をインストールする

投稿日:

CentOS7からMySQLにかわりmariaDBが採用されていますが、使い方はほぼ MySQLと同じでいけます。

インストール

いつもの通り、yumで。


yum install mariadb-server

起動と、自動起動の設定


systemctl start mariadb
systemctl enable mariadb

初回のみ root パスワードの変更と設定


mysql_secure_installation

DBのrootのパスワードを設定し、あとはY(またはブランクのままEnter)で答えていけば簡単に終わります。
root のパスワードは重要なので覚えておきましょう。(Linuxのログインパスワードとは異なります)

-CentOS, Linux, mariaDB, MySQL

執筆者:

関連記事

CentOS7でローカルIPアドレスを固定する

CentOS7をサーバとして使用していると、ローカルのIPアドレスを固定したいことがあります。セットアップ時にもIPは設定できますが、セットアップ時はDHCPでの払い出しIPでおこない、その後に変更し …

grafana+prometheusでサーバ監視をしグラフィカルなダッシュボードを作る

少し前までは、fluentd+elasticsearch+kibanaというダッシュボードが流行っていた気がしますが、elasticsearchはJavaで動いているため非常に多くのメモリを消費すると …

CentOS7にPHP 7.2をインストール

WebプログラミングでおなじみPHPをインストール設定します。PHPは現在では最新が7.2となっていて、CentOS7標準のリポジトリで提供されている5.4は古いのでインストールしません。 インストー …

CentOS7の初期設定

CentOS7 を Intel NUC にインストールしましたが今の所家庭内ネットワークからのみの想定で、外部からのアクセスはすべてルータでフィルタリングしているため、利便性のため下記の設定を行います …

grafanaに外気温グラフを追加する

以前、USB温度計で室内の温度を測ってましたが、これに外気温も追加してみたいと思います。 以前の記事: CentOS7上でUSB温度計で温度を記録してgrafanaでグラフ化する 外気温を得るには外に …